アバンダンティア姫路店

2022年1月アーカイブ

冷えの原因と冷え性対策

2022.01.20

冷えの原因と冷え性対策

『冷えは万病の元』
と良く言いますが、今回は「冷え」についてまとめてみました。

特に女性は男性に比べて冷え性でお悩みの方が多いですよね。ではその原因とはいったい何でしょうか?

1.生活習慣の乱れ
近年は年中エアコンが効いている部屋で過ごすことがほとんどで、身体の体温調節機能を使わない生活が多くなっています。また機能性重視ではなく、おしゃれさ重視で寒くても手足首等、薄着でファッションを楽しむことが増えました。冷えの悪化に繋がります。
また冷たい物や体温を下げる食材を好んで多く摂取したり、油分糖分の多い食材を好んで食べたりすることも、冷えに繋がります。

2.自律神経の乱れ
ストレス社会といわれている現代、ストレスがない人の方が少ないです。仕事や家事に追われて、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、緊張した状態が続くことで、血行不良や血管が収縮され、冷えの原因となります。

3.女性は筋肉量が少ない
筋肉は身体の熱量と作り出してくれるとともに、血液を送り出すポンプの役割もしてくれています。男性に比べて女性は筋肉の量が少ないため、その役割を十分に果たせていない場合が多く、身体の末端にまで血液が行きにくいため、冷えになりやすいと言われています。また女性に多いのが、きつすぎる下着や靴は締め付けすぎることで、血行不良や冷えの原因になっていることもあります。

4.女性ホルモンの乱れ
女性には、月経、出産、閉経といったライフステージでの変化でホルモンバランスが乱れ、体温調節をしている自律神経が影響を受けて、血液の循環が悪くなり冷え性になりやすいです。また更年期になると女性ホルモンの分泌の減少により、冷えが酷くなるという方が多くなります。

冷えがあると隠れた病気があるかも
貧血や低血圧、甲状腺機能低下や動脈硬化、膠原病等、手足の冷えに似た症状が現れることもあるので、心配な場合は病院での検査が必要になってきます。

冷えを改善するには?

  • バランスの良い食事(季節の食材が良い)
  • 甘い食べ物、冷たい食べ物は控える
  • 筋肉を付ける→程よい運動
  • 気候に合わせたファッションを楽しむ(のど、肩甲骨周り、太ももを温める
  • 入浴で身体を温める
  • マッサージで身体のつまりを流す

等が効果的と言われています。

痩せたいからといって食べないダイエットをするのはとても危険です

2022.01.17

痩せたいからといって食べないダイエットをするのはとても危険です

芸能人やモデルのようにスラっとした体型は女性の憧れですよね。しかし、痩せたいからといって食べないダイエットをするのはとても危険です。理由は「太りやすくなるから」です。食べていないのにどうして太るの?と疑問に思われる方もいらっしゃいますよね。今回はその理由をお話していきます。

(1)体内に溜め込みやすくなる
食べない=栄養が入ってこないので身体は飢餓状態となります。そうなると、できるだけ脂肪を落とさないようにと脳からの指令で身体は省エネモードになります。脂肪を燃焼するには筋肉が必要ですが、省エネモードではダイエットに欠かせない基礎代謝が低下し、筋肉量も低下してしまうため痩せにくくなってしまいます。

(2)便秘になりやすい
米やパンなどに含まれている炭水化物はダイエットにおいてなんとなく悪いイメージがある方も多いかと思いますが、炭水化物には糖質だけでなく食物繊維が含まれています。食物繊維には水に溶けて便を柔らかくする働きがあり、腸内環境を整えてくれます。腸内環境が整うと脂肪燃焼する"痩せ菌"が増え、腸内環境が乱れると脂肪や糖を溜め込みやすくする"デブ菌"が増えるので、痩せ菌を増やすためにダイエット中は食物繊維を積極的に摂取していきましょう。

(3)リバウンドしやすい
食べないダイエットを試みても結局空腹に耐えきれずつい食べてしまったり、ドカ食いしてしまったりでダイエット前より体重が増えてしまった経験はありませんか?お腹が空くのは身体の血糖値が下がっているからです。低血糖の状態では身体は次の食事でしっかり吸収しようとするため、糖質や脂質を必要以上に摂取してしまいます。これではせっかくダイエットをしているのに太りやすくなり、リバウンドにつながります。

では、痩せやすい身体をつくるにはどうしたらいいのでしょうか?
ポイントは2つあります。

(1)朝昼晩、3食きちんと食べる
食事のタイミングは朝7時、昼12時、夜18~19時が理想と言われています。特に朝食は起きてから2時間以内に摂るのが良いです。なぜなら、食べ物を消化するためにだいたい2~3時間必要と言われていて、これを考慮し、食事の間隔は4~5時間開けるのが良いとされているためです。また、間隔が開きすぎても次の食事での吸収率が上がってしまうので注意が必要です。

(2)「消費カロリー>摂取カロリー」を意識する
そもそもなぜ太ってしまうのか。それは消費カロリーより摂取カロリーが上回ってしまうためです。消費カロリー内での食事であればエネルギーとして使われるため脂肪にはなりません。上回って余ってしまったエネルギーが身体に蓄積して脂肪になってしまうのです。自分の基礎代謝量を知り、それを意識した食事を行いましょう。

いかがでしょうか?ダイエットは痩せやすい身体づくりが基本です。
今回お伝えしたポイントを意識してリバウンド知らずのスッキリ美ボディーを目指しましょう!

このアーカイブについて

このページには、2022年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年12月です。

次のアーカイブは2022年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。