アバンダンティア姫路店

2021年7月アーカイブ

水を飲むと何がいいの?

2021.07.27

水を飲むと何がいいの?

「水を飲むと健康にいい」「一日2L水を飲みましょう」と一度は聞いたことあるのではないでしょうか。なぜなら人間の身体は約60%が水分でできており、酸素や栄養素を運んだり、体温を維持したり老廃物の排出をしたりと生命活動において重要な役割を担っています。たった2%失うだけで運動能力が低下し、10%失うと死に至ることもあります。まさに水は生きていくうえで必要不可欠なものなのです。ですがいきなり毎日2ℓ飲むのは楽なことではありませんよね。そこで今回は水の正しい飲み方と飲むことで得られる効果について紹介させていただきます。

正しい飲み方

(1)常温で飲む
冷蔵庫でキンキンに冷えた水では内臓が冷えてしまい身体に負担がかかってしまいます。
だいたい20~35℃くらい、蛇口からでてくるぬるい温度が最適です。
冷たいと感じる場合はお湯と混ぜて飲むのがいいでしょう。

(2)こまめに回数を分ける
身体の中に取り込まれる水の量は決まっていて、それを超えてしまうと水分は体外に排出されやすくなってしまいます。
そのためいっきにたくさん飲めばいいというわけではなく100~150mlくらいをこまめに分けて飲みましょう。

(3)がぶ飲みしない
水分を大量に摂取することで血液中のナトリウム濃度が低下し、水中毒を引き起こす場合があります。主な症状はめまいや頭痛、下痢などが挙げられます。
悪化すると吐き気や嘔吐、場合によっては命の危険にさらされることもあるので注意が必要です。

効果

血行促進
血液中の水分不足が解消し、ドロドロとした血液が流れやすくなります。

疲労回復
血流が改善されることで身体の隅々まで酸素が行きわたり疲労回復につながります。

冷え改善
水は体温より低いため、水を飲むことで身体を温めようとする作用が働きます。

むくみ解消
身体が冷えていると毛細血管の働きが悪くなり、むくみにつながります。
血行を促進して体温を高めるには水分をしっかり摂ることが必要です。

便秘解消
腸には便の水分を吸収する役割があり、便秘により停滞してしまった便はさらに固くなってしまいます。
水を飲んで便を柔らかくすることで体外へ排出することができます。

ダイエット効果
水を飲むことで交感神経が刺激され基礎代謝がアップし、余分な脂肪が燃焼されやすくなります。

美肌効果
お肌にはターンオーバー(生まれ変わり)という働きがあり、新しい細胞を守るためには水分が必要です。
外からのスキンケアでは補うことができないため内側からしっかりと水分を与えることが必要です。

水は人間の身体に必要不可欠ですが、ただ飲めばいいというものではありません。
今回ご紹介した3つのポイントをおさえて正しく飲むことで健康にも美容にもよい効果が得られることでしょう。

シミを作らない為には

2021.07.27

シミを作らない為には

シミは、実年齢よりも老けて見える原因のひとつです。紫外線による日焼けでシミが出来ると思われている方も多いと思いますが、実は原因はそれだけではないのです。白く透き通るお肌は年齢問わず女性全員の憧れです。しかし、年齢と共にお肌は衰え、気が付いたときにはシミ、しわ、たるみ、クマ、くすみ、毛穴、敏感等、悩みは尽きません。
今回は『シミ』に着目したいと思います。

シミが出来る原因は??

(1)紫外線
 →紫外線を浴びることでメラニン色素が刺激され、過剰に生成されてシミの原因となります。

(2)ホルモンバランスの乱れ
 →体調不良や血流が悪くなるとシミ、ソバカス、肝斑の原因に。

(3)生活習慣の乱れ
 →運動不足、栄養不足、睡眠不足、飲酒、喫煙等生活習慣が乱れるとターンオーバーも乱れてしまうので、メラニンの排出が遅れてしまいます。

(4)ストレス
 →人間関係、仕事や育児、環境の変化、排気ガス等様々なストレスによりターンオーバーが乱れてしまい、シミの原因となります。

(5)皮膚炎の跡
 →ニキビが炎症をおこすと、メラノサイトが刺激されてシミの原因になります。炎症からお肌の深部(真皮)まで傷ついてしまいクレーターになることも。

(6)間違ったお手入れ
 →クレンジング洗顔、基礎化粧品塗布、メイクをするときの強い摩擦や刺激がシミの原因を作りやすくなります。

シミを作らない為には

UV対策
紫外線は、天気や季節に関係なく1年中降り注いでいます。晴れの日はもちろん、曇りの日は晴れの日の約50%、雨の日でも約30%の紫外線量となるので、どんな天気でも油断せずにUVケアすることが必要となります。また、屋内にいる時や、車の運転時、ベランダでの洗濯干し等でも油断は禁物です。日頃から、UV対策はしっかりと行うことが必要となります。

シミを防ぐ生活習慣
シミを防ぐには生活習慣の見直しも大切です。規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠をとりましょう。ストレスを溜めすぎないために気分転換をすることも必要です。食事はビタミンを多く含む食材を意識して摂るとともに、バランスの良い食生活を心がけましょう。特にビタミンCはシミの原因であるメラニン色素の生成を抑えたりコラーゲンやエラスチンの生成を助けたりする働きがあり、美白だけでなくトータル的な美肌効果が期待できます。

ホームケア
シミをこれ以上増やしたくない、濃くしたくない、大きくなる前にケアしたい方は美白成分が高濃度に配合された美白化粧品を使用することも効果的です。お肌が敏感な方はお肌に合わない場合もありますので、ご自身のお肌に合った物をお選び下さい。

春から夏にかけては紫外線が強いイメージですが、最近は秋になっても暑い日が続いたりすることがあります。
これ以上シミを作らない、増やさないために、参考にして頂けると幸いです。

紫外線からお肌を守る正しいUVケア

2021.07.27

紫外線からお肌を守る正しいUVケア

シミやシワ等肌トラブルがないお肌は誰もが憧れますよね。紫外線がシミやシワ、乾燥等お肌のエイジングを進行させるのは皆さんご存じかと思います。紫外線からお肌を守る正しいUVケアをご紹介します。

UVケアは一年中必要?

まず紫外線は2種類に分かれます。
シミの原因となるUV-B波は夏をピークに冬は照射量が少なくなります。
肌の奥まで入り込み、シワやたるみ等の深刻なダメージを与えるUV-A波は、1年を通して照射量はあまり変わらず降り注いでいます。しかも、曇っていても室内にいてもダメージは受けています。ですので、UVケアは夏だけという方は気がつかないうちにエイジングサインが進行してしまうのです。

日焼け止めの選び方

ただ日焼け止めを塗っていればいいということではなく、日焼け止めには色々な種類があり、場合によって適切なものを選びましょう。選ぶ上で基準になるのが、SPF値とPA値です。
SPF値
UV―B波による日焼けをどのくらい遅らせるかを10~50の数値で表しています。SPF1あたり20分日焼けを遅らせる効果があるということなので、理論上SPF値10では200分日焼けを止める効果があります。
PA値
UV-A波をどのくらい防げるかの数値を「+」の数で表されます。
SPF値とPA値の数値が大きいものを使ったらいいということでもありません。散歩や買い物に行くという場合はSPF25・PA+くらいで問題ありませんし、炎天下でのレジャーの場合や紫外線をたくさん浴びる場合は、SPF50・PA++++が適切でしょう。

日焼け止めを使う際のポイント
  • ムラなく十分な量を塗る
    日焼け止めを顔の5か所(量頬、額、目元、鼻、あご)に置き、お肌を引っ張らないようにムラなく塗ります。量が少ないと十分な効果が得られません。
  • 季節や天気に関係なく1年中使うことが大切
    日焼け止めの数値は季節や天候等シーンによって使い分けるのが良いですが、塗らないというのはNG
  • 適度な塗りなおし
    2~3時間おきに塗り直すことを推奨されており、服や手等の摩擦や汗でとれてしまう可能性があるため、こまめな塗り直しでより効果が持続します。
日々の行動で紫外線から守る
  • UVカットアイテムを使う
    日傘や帽子、サングラス、ストール等取り入れることも大切です。
  • 水分・栄養を補給する
    普段の食事をバランスの良いものにし、いろいろな栄養素を摂取するようにしましょう。
    また、水分補給も欠かせません。内側から潤すことで紫外線による乾燥やトラブルを防ぎます。
  • 焼け後のケア
    紫外線のダメージを受けたお肌は乾燥しやすく、シミなどの原因になります。
    保湿を十分にすることと、ビタミンCの美容液等を使用することでメラニン色素の生成を抑制してくれます。

毎日正しいケアを毎日行い、いつまでも健やかなお肌を保ちましょう!

このアーカイブについて

このページには、2021年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2021年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。